高齢者施設ってどんな種類があるの?費用は?

老人ホーム・介護施設にはどのような種別があるのか、また、それぞれの特徴や必要経費、入居条件などについてご説明します。

入居フローチャートでは介護認定区分と認知症の有無から、受入可能か否か、施設の種類ごとに簡単に比較できます。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームは大きく、「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」に分けられます。

いづれも、高齢の方向けの「住まい」で、食事の供給や介護サービスのほか、洗濯・掃除などの家事、健康管理などの日常生活を営む上で必要な作業活動が「サービス」として付与されたものです。利用者はこのようなサービスを長期間、広範囲にわたり受けることができます。

 

 

 

介護付き有料老人ホームとは

施設により提供するサービスの枠は極めて広い

「介護付き有料老人ホーム」とは、介護等のサポートが付いた高齢者向けの住宅施設です。基本的には介護が必要になった方のための住居施設ですが、一部混合型という、健常者レベルの方が入居できる施設もあります。

介護付き有料老人ホームでは、都道府県より“特定施設入居者生活介護”の指定を受けて、その有料老人ホームのスタッフが介護サービスを提供します。“特定施設入居者生活介護”の指定を受けていない有料老人ホームは、「介護付き」と表記することはできません。

 

入居条件

その介護付き有料老人ホームのタイプにより異なります。主な介護専用型といわれる介護付き有料老人ホームの入居条件としては、原則として65歳以上の要介護認定1以上の等級が必要となります。

一部、混合型といわれる介護付き有料老人ホームでは、要支援認定の方の入居も可能です。

 

 

住宅型有料老人ホームとは

より利用者のニーズを反映できる介護施設

「住宅型有料老人ホーム」とは、生活支援等のサービスが付いた高齢者向けの住宅施設です。住宅型有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームと違って、施設内に介護スタッフが常駐していません。介護が必要な場合には、入居者自身の選択により、地域の介護サービス事業者と契約を結ぶことで、訪問介護などの介護サービスを利用することができます。

 

入居条件

住宅型有料老人ホームでは、施設により異なりますが、おおむね60歳以上の方が対象になります。要介護認定の有無は問われず、自立の方も入居が可能です。

 

 

健康型有料老人ホームとは

フレキシブルなシニアライフを選択する方のために

「健康型有料老人ホーム」とは、介護の必要がなく、自立した生活を送ることのできる方を対象とした住宅施設です。食事などの提供サービスを受けることができますが、介護が不可欠となった時には施設を退去しなければなりません。介護施設という枠ではなく、健康なシニア向けの住宅ということになります。その数は、同じ有料老人ホームの種別の中でも群を抜いて少なく、高齢化が進み、要介護者が急増する日本での需要は少なくなってきているといえるかもしれません。

 

 

入居条件

健康型有料老人ホームはおおむね60歳以上の方を対象としている施設がほとんどです。日常生活が自立している方が対象です。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは

地域包括ケアシステムとして需要な役割を担う介護施設です

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、有料老人ホーム同様、都道府県に認可を受けて営まれる介護施設です。「サ高住」や「サ付き」と略されて呼ばれることもあります。

通常民間の営利企業などによって運営されています。介護付き有料老人ホームなどで多い利用権方式ではなく、賃貸借方式で入居の契約を行う施設が多いため、入居時に高額な費用(入居一時金など)を必要としません。入居時には通常の賃貸住宅と同様に、敷金として支払われ、退去時には現状回復などに掛かる費用を差し引いた残りの額が返還されます。

住み慣れた地域で最後まで生活を営む“地域包括ケア”を主軸とした、利用者の住居権を確保しようという政府の動向を受けた政策により、新規参入するサービス付き高齢者向け住宅は増加の一途をたどっています。

 

 

 

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

グループホームとは

認知症を患う高齢者とともにその数も増加傾向

「グループホーム」とは、認知症を患った方が専門的な認知症ケアの提供を受けながら、1ユニット5人から9人と少ない人数の利用者がスタッフと一緒に共同生活を送ることのできる介護福祉施設です。

グループホームでは利用者ができる限り自らの力で自立した日常生活を送ることができるよう、援助していきます。入浴や食事などの援助や機能訓練などのサービスを受けることができます。

共同生活の中で、認知症が重度化し、日常生活を送る上で支障が出てきても、自宅や家庭にいるような環境の中で、地域の方と交流を保ちながら、利用者間との交流も持ち、アットホームな生活環境を維持します。

共同生活の中で、それぞれが個々に役割を持ちもつことで自尊心を保ち、認知症の症状の進行を緩やかにします。

 

入居条件

入居対象となるのは原則65歳以上で、要支援2からの利用が条件となり、要支援1の方は利用することができません。

 

 

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

特別養護老人ホームとは

公的な介護施設で、低料金・手厚い介護が特徴です。

「特別養護老人ホーム」とは、介護保険法のもとで、介護保険が適応される介護サービスを手掛け、老人福祉法第十七条第一項の規定により運営される施設です。介護保険法のもとでは「介護老人福祉施設」とされています。老人福祉法に基づく名称が特別養護老人ホームです。

特別養護老人ホームでは、病気などによって身体上または精神上に著しい障がいがあるために、常時介護が必要で、居宅ではこれを受けることが困難な要介護者に対し、入浴や排せつ、食事などの介護、その他の日常生活上の身の回りのお世話や、機能訓練、健康管理等を行います。

 

 

入居条件

認知症の有無・状況や家庭環境などにより例外もありますが、基本的には要介護3以上の人が入居可能です。

 

 

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは

「介護老人保健施設」とは、通称「ろうけん」とも呼ばれ、病状安定期にあって、看護・介護・機能訓練を必要とする要介護者に対し、医学的管理の下における介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生上のお世話をする施設です。

介護老人保健施設では、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理下で、看護・介護といったケアを受けながら、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理や食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供します。

家庭への復帰が目的のため、利用者ひとりひとりの状態に合わせたケアサービス計画が立てられ、医師をはじめとする専門スタッフがそれに基づきケアを行います。

 

入居条件

対象者は原則65歳以上で、介護保険法による被保険者で要介護認定を受けた方のうち、病状が安定していて入院治療の必要がない要介護度1から5の方です。

 

 

療養型医療施設

療養型医療施設とは

「介護療養型医療施設」とは、療養病床等を有する病院または診療所であって、当該療養病床等に入院する要介護者に対し、施設サービス計画に基づいて、介護療養施設サービスが提供される施設です。「介護型療養病床」とも呼ばれています。

介護療養型は医療が必要ではない人が多いとされ、すでに廃止が決定していて、その受け皿として介護療養型と老人保健施設の中間にあたる、介護療養型老人保健施設(新型老健)なども作られました。

 

入居条件

対象者は、原則65歳以上で、要介護1以上の介護認定を受けている方となります。

 

 

軽費老人ホーム(ケアハウス)

軽費老人ホーム(ケアハウス)とは

「軽費老人ホーム」とは、自治体の助成を受け、身寄りがない、もしくは、家庭環境や経済状況などの理由により、家族との同居が困難な方が、比較的少ない費用で入居できる福祉施設です

介護付き有料老人ホームよりもかかる費用は少なく抑えられることが多いのが軽費老人ホームですが、その人員配置や設備は、介護付きや住宅型の有料老人ホームとは違い、日常生活がある程度自分で遂行できる方が対象です。

2008年までは、食事サービスの有無によって、「軽費老人ホームA型」と「軽費老人ホームB型」とに分かれていましたが現在は「ケアハウス(C型)」という枠に統一されています。ケアハウスは、“自立型”と“介護型”の2つに分類され、うち介護型は「特定施設」と呼ばれ、介護付き有料老人ホームと同様、介護を受けることのできる施設です。

 

 

入居条件

対象者は、60歳以上の単身者または、夫婦のどちらか一方が60歳以上であることが前提です。身寄りがない、または家族との同居が困難で、独立して生活するには不安が認められる方が対象となります。その他、身元保証人の有無などホームにより条件は様々です。

 

 

 

高齢者施設比較一覧表

入居 

難易度

料金

相場

受け入れ介護度

介護

サポート

医療

サポート

介護付有料老人ホーム

低~中

安~高

sample

中~高

低~高

住宅型有料老人ホーム

低~中

安~高

sample

(外部サービス)

低~中

健康型有料老人ホーム

サービス付き高齢者向け住宅

安~普

(外部サービス)

グループホーム

(認知症対応型共同生活介護)

中~高

安~普

低~中

介護老人福祉施設

(特別養護老人ホーム)

中~高

中~高

介護老人保健施設

中~高

安~中

低~中

療養型医療施設(介護/医療)

安~高

低~中

軽費老人ホーム

低~中

低~中

ケアハウス

低~中

低~中

低~中

※受け入れ介護度に関して、外部サービスを使ったケースは考慮していません。

 

 

入居フローチャート

在宅での介護が難しくなってきたときに、まず確認すべきことは何か、どこに相談したらよいか、要介護者の認知症症状の有無や要介護度、24時間の医療サポートが必要か否かに応じて、介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などの施設種別ごとに、対応の可否、受け入れ体制を一覧できます。

 

  ※1 主に自傷他害、頻回な夜間の徘徊、大声などの重大な問題行動がある方
  ※2 経管栄養やたんの吸引など、常時または1日を通して、定期・不定期で医療サポートが必要となる方
  ※3 混合型の介護付き有料老人ホームを参考にしています
  ○ … 対応可能なケースが多い
  △ … 要相談。空室状況やその他の既往歴による
  × … 受け入れ不可


  (重要) あくまでも一般的な傾向であり、必ずしも表記通り、入居の判定結果をお約束するものではございません。

 

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)