体験入居時のチェック事項

有料老人ホームには通常「体験入居」といって、数日~長くて1カ月くらいの期間、お試しで入居することができます(要費用)。

本入居した施設でももちろん退去はできるのですが、長い契約や必要書類の準備など、改めて1からというのは非常に手間がかかります。従って、そういった面倒な手続きをせずに仮入居できる制度がありますので積極的に使っていきたいところです。

ただ、非常に便利な半面、体験入居中は本当のケアを見ることはできません。おくまでもお客様扱いになります。体験入居から本入居に切り替えてほしいのですから、通常の利用者よりもいい対応をしてもらえるという事をしっかりと認識し、よりシビアな目で見る必要があるのをお忘れなく。

 

それでは具体的にどういったところをチェックすればいいのかのポイントをまとめてみます。

見学時のチェックシートと内容が重なるものがほとんどですのでまずはそちらのチェックをしてみてください。

 

 

 

  • 施設長の人柄

  • 現場の介護スタッフの平均人数(夜間も)

  • スタッフの対応(1人2人ではなく、なるべく多くのスタッフを見てください。)

  • ナースコールの対応(すぐに対応してくれるか、丁寧か)

  • 日当たり、室内の温度

  • どのような入居者が多いか(認知症の方が多い、寝たきりの方が多い、自立に近い方が多い等)

  • 日中の共用スペースの様子(人が常に少なく閑散としていないか)

  • 食事の味はどうか

  • 体の状況に合わせた食事提供ができているか

  • 介護支援専門員のケアプランをスタッフ全員が理解できているか。

  • ラウンドの頻度は適切か

  • レクリエーションやリハビリテーションなどのアクティビティはしっかりと提供され、好みのものか

  • (往診や回診に係れるのであれば)医者の質、対応は良いか

  • 協力医療機関としっかり連携が取れているか

  • 介護技術は確か

  • 職員の離職率にも注意

     

     

    なかなかこれだけの情報を集めるのは難しいかもしれません。

    しかし大事なことですので何とかしてなるべくたくさんの情報を集めたいところです。わからないことは、同じく面会に来ている他の利用者のご家族に、施設の感想や疑問点などを正直に聞いてみるのも1つの手です。

     

    最後に1番大事なチェックポイントをお伝えします。それは、

    「実際に体験している利用者の言葉」

    です。逐一感想を聞き出すか、細かい表情を観察してください。

    本人が満足していることが何よりの判断材料になります。

     

     

     

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)