介護・福祉の資格あれこれ

介護を受けることになると、色々な資格を持った人がケアに携わることになります。介護の資格といってもいくつかあります。ここでは介護の資格の代表的なものについてご紹介します。

 

 

 

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

厚生労働省は2013年4月より、「ホームヘルパー2級」に代わる資格「介護職員初任者研修過程」を導入しました。

介護職員初任者研修は、国家資格ではありませんが、介護の入門資格ともいえる認定資格となります。

介護職員初任者研修は、高齢労働省の指針に基づき、各都道府県の実施要綱に基づき、各都道府県が指定した養成機関で実施されています。

カリキュラムの授業時間数は130時間で、介護におけるコミュニケーション技術や認知症に関する基本的な知識を習得します。

 

 

 

 

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修は認定資格です。「介護職員初任者研修」の上位資格にあたります。

平成19年の「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、介護福祉士国家資格に要件に、新たに「実務者研修」の受講が義務付けられました。カリキュラムの授業時間数は450時間です。「介護職員初任者研修」修了者は、320時間の授業を受ける必要があります。

 

 

 

介護福祉士(国家資格

介護福祉士は国家資格となります。通称、「三福祉士」と呼ばれている、社会福祉士、精神保健福祉士に並ぶ、福祉系三大国家資格の一つです。

「社会福祉士及び介護福祉士法」において介護福祉士の定義は「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者」を言います。

“心身の状況に応じた介護”の中には、医師の指示の下に行われる喀痰吸引も含まれます。

平成27年度以降、介護福祉士の資格を取得するための流れは、実際に介護等の業務に従事(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)した方で、介護福祉士実務者研修を320時間受講し、介護福祉士国家試験に合格し、登録名簿に登録するということになります。(福祉系高校ルート・養成施設ルートは除く)

 

 

 

介護福祉士の専門性

一般的に“介護”というと、おむつ交換などの排泄の介助や、ベッドから車椅子への移乗の介助、入浴の介助などを思い浮かべられると思います。介護福祉士はそういった要介護者の生活全般について、客観的に観察などから情報収集をし、それらを統合分析し、課題の抽出やどのようなニーズがあるのかを見出したうえで生活の質(QOL)を向上させるための介護方法を見出していくことに、介護福祉士の専門性があります。実際に介護を受ける方がその目標を達成するためには、その方に合った介護を提供することはもちろん、介護職員の指導や教育も重要です。また、介護を受けられる方を取り巻く関係職種とのスムーズな連携や様々な場面で環境調整も求められます。

 

 

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)

介護支援専門員(以下、「ケアマネジャー」という。)は、介護保険法に位置付けられた職種であり、介護を必要とする方の「ケアマネジメント」を担います。

介護保険制度では、保険給付の対象者である要介護者または要支援者に対して、ケアマネジャーが中心となってケアマネジメントが行われることになっています。

ケアマネジメントでケアマネジャーが最も重視するポイントは、「利用者本位の介護サービス」です。要介護者等の解決されるべき課題は、すべて「利用者本位」の精神で、一人ひとりの状態に即した介護サービスが適切に、効果的に提供されるように責任をもって調整を行います。

ケアマネジャーとして、登録・任用されるには、以下のいづれかの実務経験があり、都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し、各都道府県が行う「介護支援専門員実務研修」(44時間)の全日程を休まず全て受講したうえで、レポートを提出する必要があります。

~必要な実務経験~

①医療・保健・福祉関係資格者(医師・看護師・薬剤師・理学療法士・歯科衛生士など)として5年以上かつ900日以上の実務経験があること。

②相談援助業務従事者(障害者支援施設の生活支援員やサービス管理責任者など)として5年以上かつ900日以上の実務経験があること。

③介護等の業務従事者として5年以上かつ900日以上の実務経験があること。

④介護の業務従事者として10年以上かつ1800日以上の実務経験があること。


ケアマネジャーは主に「居宅介護支援事業所」に所属しています。ここではケアマネジャーは、居宅において受けられる介護サービスなどの紹介、ケアプランの作成とサービスの調整、サービス給付費の計算や請求などを利用者に代わって行います。また、介護保険施設や有料老人ホームでもケアマネジメントが行われ、それを担う立場としてケアマネジャーの配置が義務づけられています。

 

 

 

精神保健福祉士(国家資格)

精神保健福祉士は、精神科病院やその他の医療施設、または障害福祉サービス事業を行う事業所等にて、主に精神疾患を患う方への日常生活への適応のための助言、指導や、相談、援助等を行います。

精神保健福祉士は、保健福祉系4年制大学で指定科目を履修するか、4年制大学の卒業後に精神保健福祉士指定養成施設を卒業し、精神保健福祉士国家資格に合格し、登録する必要があります。

 

 

 

社会福祉士(国家資格)

社会福祉士は、身体もしくは精神上の障害がある方や環境上の理由によって日常生活を営むのに支障がある方の福祉に関する相談に応じる専門家です。相談業務はもちろん、医師やクライアントに関わるその他の保険医療サービスを提供する者や家族との連絡及び調整等を行うことも重要な役割です。

社会福祉士の携わる現場は、医療、福祉、介護、その他と、多岐に及びます。

社会福祉士は社会福祉士国家試験に合格し、登録する必要があります。国家試験の受験資格を得るには様々なルートがあります。(一例:4年制の福祉系大学にて指定科目を履修、一般短大等2年卒後相談援助実務2年を経た後一般養成施設等1年以上、等)

 

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)