高齢者に多い病気やけが

パーキンソン病の症状

パーキンソン病は、脳内の神経細胞が減少することにより「ドーパミン(ドパミン)」と言われる神経伝達物質の量が少なくなることで発病すると考えられています。なぜ細胞が減少するのかは今のところはっきりと解明されていません。

パーキンソン病には「四徴候」と言われる、以下の4つの特徴があります。

 

 1.手足の震え(振戦)

 2.動作が緩慢(無動)

 3.転びやすくなる(姿勢反射障害)

 

発症初期に最もみられる症状は、手足の震えです。何もしないでじっとしている安静にした状態で手や足が震える「安静時振戦」が特徴的です。またその症状は、片側から始まり、徐々に他の部分に及ぶという特徴があります。

他にも、歩こうと思ってもすぐに一歩が踏み出しにくく、一度歩き始めると小刻みに歩き、そのまま突進するような歩き方をする「歩行障害」がみられたり、腕や脚の関節が硬く引っ掛かりを持つ「歯車様固縮」と呼ばれる症状がみられたり、動作全体が遅くなったり、表情が乏しくなり抑揚のない声になることも特徴です。

運動症状としてはこれらが代表的ですが、精神症状として、抑うつになったり、自発性が低下する、また夜間に不眠になるなどの問題が挙げられます。またその他には、便秘や、顔が脂ぎる、トイレが近くなる、よだれが多くなるなどの自律神経症状を伴うこともあります。

 

 

 

パーキンソン病の治療

sample

パーキンソン病の治療では、原因である不足したドーパミン(ドパミン)を補う事で症状を緩和する薬物療法が第一に考えられます。代表的な治療薬としては「L-DOPA(レボドパ)」や「ドパミンアゴニスト」などが挙げられますが、長期的な服用でみられる副作用(「ジスキネジア(ドパミンが多くなりすぎて体が勝手に動いてしまう)」等)が現れる可能性もあること、また年齢や症状などによりどの薬をどのくらいの量服用するのか、慎重にコントロールする必要があり、定期的な診察は欠かせません。

 

 

 

 

 

 

日本神経学会のパーキンソン病治療ガイドラインでは、以下のようにパーキンソン病初期の治療アルゴリズム(問題を解決するための方法や手順)を発表しています。

 

 

sample

パーキンソン病のリハビリテーション

sample

運動症状が主なパーキンソン病では、運動療法などのリハビリが重要です。運動能力を維持して、出来るだけ自分の力で日常生活を送ることができるようにすることがパーキンソン病のリハビリテーションでは大切です。無理をせず、出来るだけ今まで通りの生活を送るようにします。身体が動かしずらいことで、家の中に引きこもりがちになることも多いですが、そうしていると関節が固くなりますます身体が動かしにくくなってしまいます。無理をせず、自分のできる範囲で運動量の低下を防いで心身が豊かに生活できるように心がけましょう。

 

 

高齢者に多い病気やけが一覧に戻る