メルマガ登録

「高齢者」の定義が75歳以上に 社会保障にまで影響か

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

「高齢者」の定義が75歳以上に 社会保障にまで影響か

 

高齢者の定義を「75歳以上」に改めることが望ましいとする日本老年学会等の提案は、医学的な判断から、65〜74歳はしっかりと社会参加が望めるエネルギーとやる気を持っている層だとポジティブに判断したものだ。学会も発表の中において「ルールを変更することを通じて(年金制度などが)消極的な方向に機能してほしくない」とくぎを刺した。高齢者の方々の状態は種々雑多で、この度の定義についても万人にふさわしいということではない。

 

 

 

※毎日新聞を引用し、当社独自に要約しています。また、下記動画で目の不自由な方のために音声でもご覧いただけます。

 

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)