メルマガ登録

施設介護がアットホームにならないのはなぜか

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

施設介護がアットホームにならないのはなぜか

 

施設介護には、日々を過ごすところという形でアットホームさを要求されることが普通です。こちらのページでは施設を主に高齢者介護を意図するものとして指し、その原因や現在の状況に関して推測していきます。 

 

身体面でのサポートを要する高齢者が多くいる施設、体の不自由はさほどないものの認知機能の減少が激しい方がを対象とした施設、また、受け入れ人数が多い施設ではそのどっちもが多種多様に入居しているということも多々あります。。 

どちらの施設の場合でも、大抵は自宅で日々の生活をおくることができない、または24時間第三者の見守りがなければ心配と思われる状態の方々が暮らしています。

 

 施設介護に必要不可欠なことは、何はともあれ「安全」だと考えられます。仮に1対1の付きっきりで介護可能だとしても、アクシデントのリスクはなくならないでしょう。加えて、その事故は誰の責任で生じたのであろうかを確定されるのです。 そうであっても入所者の人数と比較してスタッフ配置にゆとりがあれば、目が行き届くこともあり得ます。しかし、施設に入ってくる収入においては限度があります。そうでなくても賃金が低額だと考えられている介護職。 介護保険制度が施行されて17年目。高齢者の方が心配することなく生活を送れるよう、それをサポートする人々もまた心置きなく仕事ができる社会環境が求められるのではないでしょうか。これが整えば、自ずと家族的な施設になってゆくのではないかと考えているのです。

 

 

 

 

※yahooニュースを引用し、当社独自に要約しています。また、下記動画で目の不自由な方のために音声でもご覧いただけます。

 

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)