メルマガ登録

セコムが高齢者の急病なども腕時計で検知 サービス加入者が利用対象

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

セコムが高齢者の急病なども腕時計で検知 サービス加入者が利用対象

 

  警備大手セコムは21日、お年寄りたちが急な病気等で倒れたことなどを察知する腕時計スタイルの端末「セコム・マイドクターウォッチ」を考案したと公にした。

 端末に内蔵された加速度センサーと人間の動作を解析する特有のアルゴリズムを組み合わせ、使用者が倒れたり、意識を失くしたりした状況を検知する。

 新たなプランでは、端末がトラブルを検知した際、住宅警備システムやスマホを介してセコムにオートマチックに通知。

 端末には1日の活動量や睡眠の状況等を記録する働きもあり、スマートフォンのアプリケーションであったり血圧計等と結びつけて健康状態の管理にもつなげる。

 新しいサービスは、住宅警備サービスの会員が使用することが出来るようにする意向。端末をレンタルする方法で、月々の利用料金は千円の範囲内で抑える考えだ。

 

 

 

※毎日新聞デジタルを引用し、当社独自に要約しています。また、下記動画で目の不自由な方のために音声でもご覧いただけます。

 

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)