メルマガ登録

2018年度医療報酬・介護報酬同時改定の議論スタート

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

2018年度医療報酬・介護報酬同時改定の議論スタート

 

 厚生労働相の諮問機関に位置する中央社会保険医療協議会(中医協)は11日、総会を催し、2018年度の診療報酬と介護報酬の同時改定を想定した協議を開始した。

 少子高齢化の拡大に基づいて、医療・介護の連携強化であるとか在宅医療の拡充等が最大の検討材料で、18年2月に至るまでに決定する。

 診療報酬は、2年サイクルで再検討される医療サービスないしは薬剤の公定価格。介護サービスを供給した事業者が支払われる対価である介護報酬の改正は3年毎で、18年度は、6年に1度の同時改定になる。

 介護報酬の改正は、社会保障審議会介護給付費分科会において4月あたりから協議がスタートする見通しだ。医療・介護の連携強化に関しては、中医協と分科会の委員が話し合いを行う舞台を定めて議論する考えだ。

 

 

 

 

※yahooニュースを引用し、当社独自に要約しています。また、下記動画で目の不自由な方のために音声でもご覧いただけます。

 

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)