メルマガ登録

認知機能低下予防のシステム開発の促進で医療費不足に対応

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

認知機能低下予防のシステム開発の促進で医療費不足に対応

 

消費税を8%、10%、15%、20%にした場合の財政状況に応じた指標を算出し、対策を検討する。 対策では「生涯現役社会」を念頭に、65歳以上の経済活動の機会の創出や、認知機能低下予防のシステム開発などを具体的に考える。「過剰な介護が認知症を促す可能性もある」(政府関係者)との指摘もあり、予防を促すことで介護士不足の問題などにも対応する。

 

 厚労省などによると、国内の認知症患者数は平成27年現在で約450万人で認知症にかかる医療費は1・9兆円。

 

 

 

※産経新聞を引用し、当社独自に要約しています。また、下記動画で目の不自由な方のために音声でもご覧いただけます。

 

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)