メルマガ登録

遺伝子治療の未来 一般化を達成するには?

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

遺伝子治療の未来 一般化を達成するには?

 

多種多様な領域での研究開発が加速度的に進行している遺伝子治療であるが、コスト面や安全性、効果性、承認問題等が足かせとなり、今のところ遺伝子治療を受けることができる患者の人数が制限されている。

 

この先にたくさんの臨床実験の成功例から遺伝子治療に対しての承認本数がアップしていけば、一層たくさんの会社を遺伝子療産業に誘致し、コスト面の引きさげについても望めるであろう。

 

 

 

■際立つ高額治療費が治療の浸透を妨害する

 

「夢の治療法」といった遺伝子治療は、機能不全をもたらしている細胞を正常化することを利用して、遺伝子レベルから多様な疾病に影響を及ぼす最新鋭の医療ノウハウだ。1990年、全世界初めてという遺伝子治療を用いた免疫不全症の臨床実験が成果を出したが、後日白血病の併発というような副作用がアメリカまたはフランスで論点となり、改善に対する研究が続けられていた。

 

 

 

※ZUU onlineを引用し、当社独自に要約しています。また、下記動画で目の不自由な方のために音声でもご覧いただけます。

 

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)