メルマガ登録

社会保障費に関しての自然上昇「5千億円の線堅持する」と麻生財務相

2016.11.29
Tweet

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

社会保障に関しての自然上昇「5千億円堅持する生財務

 麻生太郎財務相は29日の閣議を終えた後の記者会談において、少子高齢化の影響を受けて激増する社会保障費に関して、平成29年度の自然上昇に関しては、政府の財政健全化計画に従って「5千億円というの数をしっかりと厳守しいきたい」と言明した。

 麻生氏は、「改革工程表と合わせて展開していくという意識が原則」と強調した。それを踏まえて、財政制度等審議会が29年度予算編成に関する建議において、社会保障費に関しても高齢者の方においても財務能力の状況次第で支払いを行なってもらうことを要求したことに触れ、「当方にとってはそれに基づいて、いまから様々に熟考する」と語った。

 財政健全化計画においては、28年から30年度の社会保障費の上昇を1・5兆円前後(年約5千億円)にセーブする基準を掲げる。ただ厚生労働省は自然アップをおよそ6400億円と推察していて、財務省はおよそ1400億円もの縮小を目標にしている。

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)