ALSを しなやかに生きる!コミュニケーション支援」の限界?

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

20数年前ににALSを発病して、症状の「動けなくなる。喋れなくなる。食べれなくなる。息が出来なくなる。」この4つを不自由しない程度に克服された中野氏。

意思疎通支援(コミュニケーション支援)は様々な自治体で導入されています。
ALSを患った方にとっての人工呼吸器をつけながらの各種検査。このコミュニケーション支援の担う役割の大きさが感じられます。
そこには医療従事者にしかできないこと、ヘルパーにしかできないこと、その境界があることによる限界もあるようです。
このブログを閲覧する

 

 

 

リンクポリシーなどで禁止されていないことを確認した上で、リンクさせていただいている場合がございます。万が一、問題がございましたら「info@dream-crew.net」まで、ご連絡くださいませ。

早急に対応させていただきます。

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)
資料請求・見学申込でプレゼント
はじめてのお客様へ
みんなの質問広場