術後合併症 術後せん妄を看護の観点でみる

医療・介護の最新・おもしろ・お役立ちニュースを毎日お届け! メルマガ登録はこちら!

術後にしばしばみられる意識障害「術後せん妄」について解説されています。

そもそも、せん妄とは何でしょうか?聞いたことはあるけれど、よくわからない、という方も多いのではないでしょうか。


せん妄は、意識障害のひとつで、「病名」ではありません。
その症状は、急に落ち着きがなくなったり、注意力の低下がみられたり、記憶障害がでることもあり、認知症と間違われやすいことでも知られています。

こちらのブログでは認知症との決定的な違いについても解説されています。


せん妄は、認知症と異なり、治療が可能です。また、多くは一過性のものです。
せん妄の原因は様々ですが、今回取り上げられている「術後せん妄」いわゆる、大手術などの後に、一時的に症状が現れるせん妄もあれば、服用している薬が原因となるせん妄もあります。

薬など原因のはっきりわかっているものであれば、その原因となる薬をほかの薬剤に変更することで症状の改善が見込めます。

このブログでは、看護の視点から術後せん妄への対応のポイントもわかりやすく解説されています。

 

 

このブログを閲覧する

 

 

リンクポリシーなどで禁止されていないことを確認した上で、リンクさせていただいている場合がございます。万が一、問題がございましたら「info@dream-crew.net」まで、ご連絡くださいませ。

早急に対応させていただきます。

 

 

お電話でのご相談もお気軽に!
0120-1111-64
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
資料請求・見学リストに申込した施設
まとめて資料請求・見学(無料)
資料請求・見学申込でプレゼント
はじめてのお客様へ
みんなの質問広場